So-net無料ブログ作成

『鴨川ホルモー』万城目学 [読書]

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: 産業編集センター
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本
このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い。祇園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」。「ホルモン」ではない、是れ「ホルモー」。戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒濤の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファーレ。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。「鴨川ホルモー」ここにあり!!第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。

面白かったあああ!!
大学生たちの青春や京都という舞台から森見登美彦さんを思い出しますが、私はこっちの方が肌に合った感じでした。こう、カチリと当てはまった感じがもう、もう、いやあああ。←

タイトルにある、「ホルモー」。読む前から、ホルモーって何?と思っていました。あらすじにも載っけてなかったし。読み終えたあと、わかりましたよ…ホルモーとは、奥深いものなのだと^^w とりあえず、一応・競技名です。笑
これがどんどんのめりこむんだよねぇ。。くふ。

それに、所々に笑える要素が隠されていて、突拍子もなくそれが出てくるもんだから思わず吹き出すを抑えられなかったり。。家で読んでて良かったです、ほんと。あの歌さえ知っていれば、笑い転げてましたよ私ャ。
憧れの地、京都がまた魅力的に描かれてるし、もうその時点でノックアウトなのに主人公・安倍たちの学生らしいやりとりや淡い恋心、さらに、無茶・無駄なことをがむしゃらにやっている彼らが、好きだわー。
最後にかけての展開は、手に汗握る感覚がありました。

多少、視点がコロコロ回るのに一瞬置いてきぼりされた感はあったけど、それさえ慣れてくれば、もうホルモーの世界にどっぷりでしたw 
楽しい読書時間を過ごせてしあわせ。

追記:ホルモーが映画化!!?主人公・安陪に山田孝広さん(>▽<///、そして凡ちゃんに栗山千明さん[ハート]おおお、これ見てみたいかも。あと、濱田岳、石田卓也、芦名星、荒川良々、石橋蓮司ら出演。山田さんはどんぴしゃって感じ。栗山さんは意外だったけど、写真見る限り可愛かったです^^ 楽しみ。

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(5)   

nice! 3

コメント 3

miyuco

本当に面白かったですよね!
「ホルモー六景」も楽しいですよ^^
安倍は山田孝之かな?
by miyuco (2008-09-21 21:22) 

ミナモ

>hikariさん
>ピンキィモモさん

niceありがとうございました✿
by ミナモ (2008-09-21 22:12) 

ミナモ

>miyucoさん
ホルモー六景…タイトルからして続きっぽいですね。チェックしてみます!
そ…そうです、山田孝之さんです…///
ご指摘感謝です…!!

niceありがとうございました✿
by ミナモ (2008-09-21 22:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:

トラックバック 5

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。