SSブログ

『沙漠の国の物語―楽園の種子』 [少女小説]

沙漠の国の物語―楽園の種子

沙漠の国の物語―楽園の種子

  • 作者: 倉吹 ともえ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 文庫
沙漠の国の物語―楽園の種子
シムシムという何だか響きが可愛い種に惹かれて読んでみました。オススメ。
いんやぁ、この世界好きです。
世間知らずの使者・ラビサと飄々としていて、だけどどこか影がある正統派ヒーロー・ジゼットのちぐはぐコンビの珍道中が良かったです。
他には、ジンと呼ばれる精霊や二人を付けねらう美青年頭率いる盗賊団も出てきて。
素敵要素てんこもりのファンタジー
でした。
糖分控えめなので、甘ーい物語を読みたい方には少し物足りないかもしれませんが、メインはラビサの成長物語の気がしたので。
ラビサとジゼットの関係も気になりますが、とても読み応えがあって面白かったです。
外の世界へ飛び出し、改めて自分の無知を知り、それで苦しむラビサ。
人と深く関わることをしない自分だったはずなのに、いつのまにかラビサと関わっていて、それゆえに戸惑うジゼット。
キャラの中でも様々な葛藤があって、ドキドキしました。
ただ、心残りなのが砂嵐旅団。もちっと彼らの物語も読んでみたかったなぁ。
ともあれ、良作です。
次回作は続き物になるか、新シリーズになるかわかりませんが、楽しみに待とうと思います。

+おまけ+
私はCD付きを買ったのですが、キャストが素晴らしかったです!そしてこっちも面白かったv
ラビサ:皆川純子
ジゼット:浪川大輔
カヤル(盗賊団の頭):保志総一朗




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2)   

nice! 0

コメント 2

薄荷

こんにちは、ブログ訪問ありがとうございました。
記事を拝見しましたが、なんとなく、好きなジャンルがかぶっているような気が。コバルトは外せませんよね(笑)
各出版社とも最近はラノベに力を入れだしたので、これからもっと面白い作品が出てくるのを期待しているところです。
さくさんのレビューもぜひ参考にさせていただきたいと思います。
by 薄荷 (2007-06-06 15:06) 

香穂

薄荷さん、こんばんは~^^
おおっこちらこそ足を運んでいただいてありがとうございますーv
実は私もそんな気がしてました。
コバルト、良いですよね。
ルルル文庫とか、結構系統が似ている文庫も出始めましたし、どんどん楽しみが増えてきました。
わ、私のレビューが参考になるかどうか曖昧ですが、是非ともまたお立ち寄りください!
私もちょこちょこお邪魔しますねーv
by 香穂 (2007-06-09 23:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました
ブログパーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。